スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)| TB(-) | ▲TOP

『Angel Beats!』第13話の超個人的“感想”

Keep The Beats!Keep The Beats!
Girls Dead Monster

SMD 2010-06-30
売り上げランキング : 3
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Angel Beats!』の劇中ガールズバンドGirls Dead Monsterのアルバム『Keep The Beats!』。
これまでに発売されたシングルの曲が全曲収録されているわけではない上、新曲も収録されているので、両方集める価値はありますね。
全曲のボーカルがユイLiSAさん)ということで、アレンジ版で収録されている曲もあります。

個人的には「Alchemy」からの流れが神でした。

23:50」は現代版Love Song -Girl's Side-っぽいですし(何それ)、「Run With Wolves」は麻枝さんの大学時代の曲だけにどこか懐かさを感じさせるカッコいい曲ですし、「Morning Dreamer」はいい意味で面白いですし、新曲も名曲ぞろいですねー。


さて、ついに『Angel Beats!』最終話が放送……


……されてから1週間が経ちました!


遅れに遅れてしまいましたね……(汗
これを上げてしまったら、今までAB!放送後に書き続けてきた感想記事が終わってしまう。
それは、自分の中でのAB!の終わりすら意味してしまうんじゃないだろうか……。
……と思ってしまい、中々上げられずにいました。

……すみません、本当はただサボってただけd(殴


というわけで、最終話のAB!感想記事を書いておきます。
ネタバレも良いところなので、ご注意下さいね!



第12話の最後の戦いから3日後。
どうやらCパートは結構時間が経った後のことだったみたいですね。
その間ずっと寝てたのかとか色々気になってしまいましたが、そこは本編とは関係ないのでスルーしておきます。

かなでが「ゆり」と呼んだのは感動ものですねー。

ゆりの反応が変わってきてますよね。
Brave Song」の歌詞を思い浮かべてしまいました。


直井の催眠術は完全にネタと化してますね!


ゆりはかなでと友達になることが最後の心残りだったのでしょうか。
生前のわだかまりが解けたのにこの世界に留まっていたわけですし。


残ったメンバーの卒業式をすることに。

かなでは卒業式をしたことがないみたいですね。
この辺り、何か生前のエピソードに関わって来そうです。


ここでかなでが口ずさんでいるのは「My Song」ですねぇ……。
最終回でもなおその影響を残すとは、さすが岩沢さんです……!!

「全員行ったよ」「そっか、良かった」
って何だか反応が薄くないですか、ゆりっぺさん。

でも何だかんだ言って、みんな結構楽しんでたんだよな、ここの暮らし

これはAB!についても言えますよね。
批判も多くされていましたけど、何だかんだ言って結構楽しんでいた方も多いのではないでしょうか?
私ももちろん楽しんでましたからね~。

高松もどうやらちゃんと成仏できたみたいです。
「いつか人に戻れるようにしてあった」とゆりは考えていますが、これはプログラマー自身のためにそうしてあったと考えたのでしょうかねー。
そういえばプログラマーはこの世界に残れたのか、それとも影と化して消えてしまったのか……。
高松が残っていたことを考えると大丈夫そうですが。


「My Song」を忘れてるとか何事ですか、音無さん!

今は「いい曲よね」と言っているゆりですが、第3話で初めて聴いた時には「なぜ新曲がバラード?」とか言ってましたよね。
「あれは曲自体に対しての評価じゃなくて、作戦の遂行という視点からの意見よ」とか言うつもりですか、ゆりっぺさん!

かなでが「My Song」好きというのは、Newtype7月号のインタビューにも書いてありましたね。
……あれを先月の10日に発売するとは、Newtype恐るべし……!
ネタバレ言われてたので、私が読んだのはつい最近ですが(ぁ


笑うかなでちゃんマジ天使


会場に到着した一行。
いつからお前が仕切ることになったんだ!?」とか誰かに言われそうですが、そこは音無さん、普通にリーダーと化しています。

しかしかなで張り切りすぎですね!

「大体似たようなもんじゃん?」とか、校歌をなめてるんですか、音無さん!
最近はそうでもないのが増えてきてますよねー。
……私はそんな校歌にあまり出会ったことがありませんが(ぁ

と、そんなグダグダな状態で歌い出したにもかかわらず、見事に息を合わせてくる5人。
これが……絆で結ばれた者たちの力というものか……!


戦歌は麻婆豆腐歌でした


隠れるかなでマジ普通の女の子の弱さ


そういえば、AB!は麻枝さんが「女の子」について持つイメージが多く出てきたように思います。
EDの歌詞(ラスト)もそうですし、第10話の結婚観もそれと言えばそうです。
そして今回の卒業式での多くの発言。
ステレオタイプな見方と批判されそうではありますけど(事実、結婚については批判もあったとか)、どうなんでしょうね……?
あるいは、こういったジャンルの性質上、あえてそういう考え方を持ち出したのかもしれません。
……と、全くの余談ではありますが(汗


胸を張るかなでちゃんマジてn(ry


第6話並み、あるいはそれ以上に短いAパートが終了。


***************


なんだか座ってる並び方が変わってるような気がしましたが、きっと気のせいですね、わかります(ぇ

このゆりの卒業証書の文章がいいですねー。
まさにかなでの気持ちが詰まっていると言いますか。
というか、“仲村ゆり”なんですね。
てっきり普通に“中村”かと……。
“橘”か“立花”かと思ったら“立華”だったみたいに、平凡な苗字に思えてもやや特殊な漢字を使う辺りがさすがAB!です。

お勤めご苦労様でしたっ!
一体どこのくm(ry

ついでに日向のフルネームも判明。


日向秀樹


どうでもいいけど、日向秀樹って口にして発音するとすげぇゴロ悪くね?」とか言われそうですが、なるほどだから日向は日向だったんですね!


音無による、送辞のない答辞

この間に映る校舎の風景がいいですよね。
ガルデモが練習していた教室の黒板とか。
校長室に遺された各キャラの関連アイテムとか。

インカムうううううううううううう!!(そこか


卒業式のお約束、「仰げば尊し」を歌うメンバー。
でも今は歌わない学校も増えているみたいですね。
私は定番のように歌ってきましたが……これも時代の流れでしょうか……。


真っ先にかなでを映すとかマジメインヒロイン


笑うかなでちゃんまj(ry


そしてこの世界から退場するメンバー。

直井にやられました……!

初登場時、まさかここまで残ることになるキャラだとは想像も出来ませんでしたねー……。


次は誰かと思ったら……


まさかのゆり退場


日向より早いだと……!?
本当にメインヒロインなのか分からなくなってきましたね。
……いえ、もしかしたら本当にメインヒロインではなかったかもしれません。
Track ZERO』の主人公である日向が本編では主人公の親友というポジションになったように、T0のヒロインであったゆりもまた、メインヒロインの座をかなでに譲り渡していたのではないでしょうか。

あるいは、ゆりも主人公だったのかもしれませんね。
本編は基本的に音無視点で進んでいましたが、ゆり視点で進むことも度々ありましたし。
……あ、でも第3話でかなで視点が……(ぁ

最後にかなでと抱き合っていたのは良かったですねぇ……。


次は日向の番。
「順番的に言って」「いや、普通お前がの方がゆりより先だろ
……と言いたくなりましたが、ここは我慢しておきます(何

日向のハイタッチもいいですねー。
最後までいい奴でした。


ここで、かなでに一旦外に出ることを提案する音無。

……あれ? なんで外に出るの? 卒業式は?


NPCはまだ残ってたんですね。
影になった分、かなりの数が減ったけど、全部が影と化したわけではないということでしょうか。
戦線メンバーたちの成仏とは別にこの世界は続いて行くでしょうし、今後NPCの数が回復するのかどうか気になるところです。
まさかのAngel Playerによる自己修復とか……?


残らないか?


……あれ? さっき日向より先に行こうとしてたような?


かなでが好きという感情の芽生えは、まあこれまでの展開からすれば必然ですよね。
ただ、最初は仲間になってあげたい、あるいは助けてあげたいという気持ちだったように思えます。
それはもしかしたら初音と重ねていたのかも。
ゆりが姉としての気持ちを抱いていたように、音無もまた兄としての気持ちをかなでに対して抱いていたような。

それがいつの間にか愛へと昇華していたみたいですねー。
第11話で「こいつ」と呼んでいたのは何だったのかと思わなくもありませんが、あれですね、愛はいつだって唐突だということですね(色々違


かなでは、音無の心臓を移植されることで生き長らえることが出来た少女だったことが判明。


まさに『Angel Beats!』ですね


だから卒業式にも出たことがなかったということなんでしょう。
この世界にいるということはその後結局死んでしまったということになりますが、そこはあまり深く考えないことにします(ぁ


音無に「ありがとう」と伝えられなかったことが心残りとなり、この世界に来た模様。
生徒会長になれるほど模範的な振る舞いをしていたにもかかわらず消えることがなかったのも、この心残りが解消されることはなかったからでしょう。
そもそも青春を過ごすことは音無のお陰で生前に出来ているわけですし。
お礼を言いたいという気持ちだけでこの世界に来た、というのですから、その想いの強さは相当なものでしょうねぇ……。
かなで……!!(涙


ここで第9話の謎が解けましたね。
かなでの胸の上から自らの心臓の音を聴くことで、失われた記憶の全てを呼び覚ますことが出来た。
……ん?

胸の上……ですって……!?

ま、まあ音無だから仕方ありませんね、ええそういうことにしておきます。


ただ、時系列的な謎が残るんですよね……。
かなではかなり早い時期にこの世界に来ていたはずですし。
この部分についてはあえてぼかしてあるらしいですが(メガミマガジン8月号より)、うーむ、ちょっと納得できない自分がいます(汗
こう、ストンと落とし込まれないと言いますか。
……って、これじゃ「表面的な情報に意味を求めすぎるから“意味がわからなく”なる」とかつて自分で批判した状態そのままじゃないか!

というわけで、あまり深く考えすぎないことにしました(いいのか


さぁ、「一番の宝物」が流れはじめましたよ!
第10話で流れた「Yui ver.」ではなく、今回はオリジナル版。
「Yui ver.」の歌詞が完全にユイ視点のものだったのでどうなるかと思いましたが、やっぱり歌詞が違いましたねー。

ちなみに、開発日記で話題のKさんkarutaさん
予想的中された方はいるでしょうか?
私はもちろん全くわかりませんでしたが!(ぁ


ここで出た「生きることは素晴らしい」というのが、AB!のテーマでしょうね。

「ありがとう」と告げて消えてしまったかなで。
ここのシーンは好きですね……。


この後、音無は消えることが出来たのか。
最後に見えた光は誰のものだったのか。
この辺り、見た人によって意見が分かれそうです。

私は……内緒です(ぇー


***************


ED後のCパート。

ここを現実と受け止めている人が多いみたいですけど、私はそんな気はしないんですよね。
これまでのKey作品にも、現実かどうか分からないラストカットは多かったですし、今回もその流れを汲んでいるんじゃないかと。
もちろん、ここも見た人次第なんですけどね(汗

この他にも謎は多いですし、本編終了後もまだまだ熱は続きそうです。



というわけで、ついに最終話の感想も終わってしまいました。
本当はまだまだAB!について語りたいこともありますが、AB!放送後の感想記事としてはこれが最後ですねー。

ひとまず、麻枝さん、ピーエーワークスの皆さん、その他関係者の方々、感動を本当にありがとうございました!

もちろん、AB!はまだ展開が残っていますし、関連記事も書いていく予定ですよ!
「俺たちのAB!は、まだまだこれからだ!」という感じです!


BD/DVD第7巻に「TV未放映特別篇」も収録されますし(ぁ


まああれですね、


ぜひとも入江関根に活躍の場を!!


[ 2010/07/03 17:03 ] Key - Angel Beats! | コメント(2) | TB(0) | ▲TOP
感想記事お疲れ様でした。

麻婆豆腐歌は最終回ながら笑ってしまいました。だーまえが「毎話楽しくないと飽きる」と言ってましたけど本当でしたね。正直びっくりしました。

Kさんの歌、開発ブログを読んだからかもしれませんが一生懸命に歌っているのがこっちにも伝わってきて… エンディングはシナリオとKarutaさんの歌、どちらにも感動して大粒の涙を流しました
[ 2010/07/04 12:02 ] [ 編集 ] ▲TOP
>>LimitedDANGANさん
> 感想記事お疲れ様でした。

ありがとうございます~。


> 麻婆豆腐歌は最終回ながら笑ってしまいました。だーまえが「毎話楽しくないと飽きる」と言ってましたけど本当でしたね。正直びっくりしました。

あれは面白かったですよねw
かなでらしいというか、麻枝さんらしいというか。
でも、そういう幸せな風景が逆に感動を深めているような気すらしてきます…!


> Kさんの歌、開発ブログを読んだからかもしれませんが一生懸命に歌っているのがこっちにも伝わってきて… エンディングはシナリオとKarutaさんの歌、どちらにも感動して大粒の涙を流しました

一番の宝物にはやられました……!
名シーンを名曲で演出するのはまさにKey作品ですよね。
麻枝さんやkarutaさん、神谷さんや花澤さん、その他AB!に関わられた全ての方々に「ありがとう」と伝えたいです。

Angel Beats!は一番の宝物です!
[ 2010/07/04 19:55 ] [ 編集 ] ▲TOP
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

つのがわ

Author:つのがわ
自称鍵っ子&だーまえ信者。

基本的にはKeyに関するネタをメインに扱ってます。
唐突に全く関係ない記事を書き始めることもあったり。
思いつくままに書き綴っていく、文字通り“自由帳”のようなブログです。
実は最近ネタ切れ気味d…げふんげふん


不定期更新で運営してます。

コメント&リンク大歓迎!!
お気軽にどうぞ。

アクセスカウンター
携帯電話用QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。