スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)| TB(-) | ▲TOP

気になる『Rewrite』インタビュー!

電撃 G's magazine ( ジーズ マガジン ) 2010年 03月号 [雑誌]電撃 G's magazine ( ジーズ マガジン ) 2010年 03月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス 2010-01-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今月のG's magazineに『Rewrite』のシナリオライター陣インタビューが掲載されています!
さすが静流が表紙なことはあるぜ!!(違


以下、インタビューで分かったことをちらほらとまとめてみます。


■だんだん分量が増えて行った

シナリオは進行は8割以上

■『クドわふたー』へ次第に麻枝さんが口出しし始めた

曲の数は50ほど(進行状況は60%)
→クオリティーは『リトルバスターズ!』超え?

■動きのある演出を都乃河さんが担当
ex)地面から炎が吹き上がる、建物が倒壊する

ループものではない
→個別ルートはパラレルで完全に分かれる



■瑚太朗の性格はルートごとに異なる
静流ルートはラブラブ

■長文を書くと馬場社長が「下手」と仰る

分岐後は雰囲気が大きく異なる

■モブキャラが大量に出て来る(分岐後)

■みんな(メインヒロイン5人?)オカルト研究会に入る



インタビューを読むと、どうやら『Rewrite』の分量が当初の予定を超えて、どんどん増えているみたいですね。
以前のインタビューだと、確か『AIR』以上『CLANNAD』未満くらい…でしたっけ?(うろ覚え
だとすると結構『CLANNAD』、あるいは『リトルバスターズ!』に近づく量になっているのかもしれません。

そんな状況でも、制作は思ったよりも進行しているみたいですね。
シナリオは8割で、音楽が6割
CGはいたるさんのペースがかなり早いようなのですが(さすが企画者!)、CG自体が16:9と大きくなっているのでグラフィッカーさんの仕事量は増えそうですねー。
順調に進んではいるものの、まだ発売までは時間がかかりそうな気がします。
今年中の発売となるのか……。
今後の動きに注目ですね!←結局それかい


動きのある演出、という所ですけど、これはリトバスでかなり多く取り入れられてましたよね。
特に印象に残っているのがリトバスEXの沙耶ルート
ネタバレにならないように詳しく書くのは自重しますけど、あれはかなり「動き」というものを重視していたような印象でした。
『Rewrite』ではそれを上回りそうな派手な演出が出てきそうですね~。
この部分でも新しいKeyという部分を押し出しているように思えます。(実験、とも)


それとですね、恐らく上のリストを見てこれが一番気になったと思うんですけどね、


『Rewrite』はループものではありません!!


これはインタビュー中ではっきりと明言されていました。
どうなんでしょうね、これは意外と思う方も多い…のでしょうか?
私は結構「あぁ、やっぱりね」という印象でしたね。
だってそのままじゃ面白くないじゃないですか!!(何
今までのKeyとは違うもの、という意味でも、やっぱりループ構造っていうのはどうかなーと思っていたり……
すみません、「どー見てもループ臭しかしないし、ここまで来ると逆にループじゃないだろう」と天邪鬼に思ってただけです…orz

じゃあどういう構造になるのかというと、どうやら分岐後の個別ルートがパラレルワールドのような位置づけになる模様。
今までのKey作品にあったような、最終シナリオでメインヒロインの話に戻ってくる、ということもないようです。
パラレルな世界がそのまま広がっていく感じ…なんでしょうか。

そこは、やっぱりライター陣の個性が出せるような仕組みになっているんじゃないかと思います。
パラレルという位置づけにすることで、個別シナリオごとのブレの許容範囲がグッと増えるんですよね。
メインライターさんに合わせず、自分の色をガンガン出せる。
極端に言えば、勝手に設定作ちゃっても、それが根幹に関わらない限り全く問題ないわけですし。
個別シナリオはライターさんごとの領域、みたいな感じ。
そこが、リトバスとも大きく異なる点なんじゃないかと思います。
リトバスだと最終的に整合性を出さないといけませんでしたので。
(そこが考察の対象になっていたりも)

で、その特徴が表れてるのか、瑚太朗の性格がルートごとにだいぶ異なる様子。
ブレ過ぎという批判も出そうですけど、「違う選択をした時点で性格も違うものになっているはず」とのことから、敢えてそうしたんだとか。
まさにパラレルな設定です。
モブキャラもルートごとに違うキャラが出たりして人物図鑑が作れそうなくらい、なんて話も。
この情報だけ見ると、個別ルートごとにかなり雰囲気の違った話が展開されるように思えますね。

ふーむ、以前「3人ともメインヒロイン」といった発言もありましたけど、今までのように「メインヒロインはこのキャラ」っていうのはないのかもしれませんね。
それぞれのヒロインが、それぞれのシナリオでのメインヒロインというイメージ。
インタビュー中にもあった「オムニバス」という表現がしっくりきます。
スピンオフも出しやすそうですね~。


とりあえず今は進行状況を見守りつつ、静流とのラブラブルートを期待することにします(ぉ



その他、ルチア凶暴春原瑚太朗なCGや、12月のG's Festival!DXに掲載されたCGの差分などが(恐らく初出?)掲載されています。
静流の□<な表情とか、もう最高過ぎますね!

もっと詳しい内容が知りたいという方は、ぜひとも実際にお確かめ下さい~。



関連記事:
『Angel Beats!』声優発表キターーーーー!!
『Angel Beats!』公式HP更新!


[ 2010/01/30 21:47 ] Key - Rewrite | コメント(2) | TB(0) | ▲TOP
静流は正義
静流のラーメン絵はとにかく萌えたよね!

後、重要な情報が抜けてるぞ!
ヒロイン同士、最後の部分で正反対な思考とかね!w
でも、纏めきってるなぁ。さすがブロガー。
[ 2010/01/30 21:56 ] [ 編集 ] ▲TOP
Re: 静流は正義
> 静流のラーメン絵はとにかく萌えたよね!

あれだけでも買ったかいがありましたね!
というか表紙買いな部分が大きいです!!


> 後、重要な情報が抜けてるぞ!
> ヒロイン同士、最後の部分で正反対な思考とかね!w

ああっ!そういえば!
組織同士の対立とか、イデオロギーの違いみたいなもの、という話もありましたね(汗
その部分も個別ルートの特徴が出ているところなんでしょうかね~。


> でも、纏めきってるなぁ。さすがブロガー。

纏まっているといいのですが(汗
もっと要点がわかりやすいようにまとめられるといいんですけど、なかなか上手くいきませんねー。
[ 2010/01/30 22:35 ] [ 編集 ] ▲TOP
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

つのがわ

Author:つのがわ
自称鍵っ子&だーまえ信者。

基本的にはKeyに関するネタをメインに扱ってます。
唐突に全く関係ない記事を書き始めることもあったり。
思いつくままに書き綴っていく、文字通り“自由帳”のようなブログです。
実は最近ネタ切れ気味d…げふんげふん


不定期更新で運営してます。

コメント&リンク大歓迎!!
お気軽にどうぞ。

アクセスカウンター
携帯電話用QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。