スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)| TB(-) | ▲TOP

「電撃G's magazine」12月号でAB!&Rewrite新情報

電撃 G's magazine (ジーズ マガジン) 2010年 12月号 [雑誌]電撃 G's magazine (ジーズ マガジン) 2010年 12月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス 2010-10-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小鳥さんマジ小鳥
……という意味不明な言葉は置いといて(ぇ
見るからに『Rewrite』特集な「電撃G'smagazine12月号が発売されています!

発売日は見事にスルーしてその翌日に読んできましたので(何)、以下特にKey関連な部分について簡単にまとめておこうと思います。



Angel Beats!』関連

Angel Beats!

アナザーエピローグ&特別篇

アニプレックス鳥羽プロデューサーピーエーワークス堀川社長のインタビューをベースに、BD/DVD第7巻に収録予定のアナザーエピローグと特別篇「Stairway to Heaven」の紹介がされています。
第13話が終わった後にピーエーワークス側から「まだ余力がある」との申し出(?)があり、それからアナザーエピローグの制作が決まったとか。
ピーエーワークスのスタッフの中に鍵っ子が多いこともその理由とか。
特別編の制作についてはもっと前から決まっていたとか。
アナザーエピローグは脚本会議で惜しくもボツになってしまったネタを映像化するもので、決して新しい解釈を加えるというわけではなく、“アナザー”という言い方も適切ではないとか。
……全てうろ覚えですが(ぇー

鳥羽さんはAB!について、第12話で入江が言った「毎日が文化祭みたいで、楽しかったなぁ」という台詞と重ね合わせて見ていらっしゃるようです。
先のAngel Beats! Night~飲んだ世界戦線~でもおっしゃっていましたねー。
入江……!←


それに加え、アナザーエピローグのキービジュアル(大きい)や、特別篇の先行カット(多い)も公開されています。
折り込みのキービジュアルで感動し、先行カットの「TENSION METER」とは何かを考えてみるのもまた一興ですね!


関連記事:
Angel Beats! Night ~飲んだ世界戦線~に行ってきたっす


ガルデモラストライブ

先日公式HPにて発表されたGirls Dead Monster Last Live - Final Operation -ですが、こちらでも情報が掲載されていました。
詳細についてはG's……か、公式HPで確認してください(コラ


関連記事:
ガルデモラストライブ12/27開催決定!!


特別篇試写会決定!

先程から何度か取り上げている特別篇ですが、なんと試写会の開催が決定しました!
まあ、これは飲んだ世界戦線で漏らしていた情報ですけど(ぁ
試写会というと、第1話の時のことが思い起こされますねぇ……。
懐かしいです……!

詳しくは次号で公開とのことですので、興味のある方は見逃さないように気をつけてください。
後に公式HPでも公開されるでしょうg(ry


関連記事:
『Angel Beats!』第1話試写会レポ――ミッションコンプリート!


その他

Key関連の読者投稿コーナー「つないでKeyほるだー」。
恭介の大喜利コーナーが終了となるので、その後を継ぐ(?)企画としてAB!関連の投稿コーナーが始まるとのこと。
詳細については……ぜひ誌上でご確認下さい!←忘れた人

また、AB!関連書籍の発売スケジュールの欄にさりげなく「『Angel Beats!』オフィシャルガイドブック」という文字もありました。
12月22日発売予定らしいですが、果たしてどのような内容のものなんでしょうか……?
続報が気になります……!



Rewrite』関連

Rewrite

『Rewrite』大特集

『Rewrite』大特集!ということで、発売日(2011年4月28日)の大きな告知と、新素材が多めのキャラクター紹介が掲載されていました。
このキャラクター紹介、5人のヒロインについては

●私服ver.の立ち絵
●表情差分数パターン
雑誌初出CG

が掲載されています。
やはりここでの目玉はCGですね。
体験版(『クドわふたー』初回限定版特典)に収録されていたOPムービーにて登場したものも含まれていますが、初めて目にするものもありました。
特に静流の破壊力といったら(以下、是非とも実際にご確認下さい


次号から新展開という気になる言葉もありましたので、これからは『Rewrite』主体に変わっていくのかもしれませんね。
……あれ、そう言えばガルデモの時にm(ry


スポンサーサイト


『Rewrite』公式ページ更新! 気になるキャストは……!?

Rewrite

現在開発中のKey最新作『Rewrite』。
先日、気になる発売日が発表されたことが記憶に新しいですね。
しかし公式ページは長い間ほとんど更新されないまま。
いつ更新されるんだろうなぁ……と思ったその時!

ついに公式ページが更新されていました!

……「されていた」というのは、つまりリアルタイムでは知らなかったからでs(ry
以下、気になる変更点を簡単に挙げてみます。



まず最初に目を惹くのがこちら。
Flashムービーが変わりました!

満月→5人のヒロイン→体験版(※)のタイトル画面風

という内容。
満月が出てきた時には鳥肌が立ちましたね~。
OPムービーにも何やら意味深なシーンがありますし、何か物語に深く関わるものなのかもしれません。

※『クドわふたー』初回限定版に封入された『Rewrite -Trial Edition-』。



何と言っても、今回の更新の目玉はこのキャラクター情報。

まずは新キャラの追加。
雑誌等で既に紹介されつつも、未だに公式ページに登場がなかった江坂・ちびもす・ミドウの2人+1匹が追加されました。
これに伴って相関図も若干新しくなっています。

次にCGの追加。
これまで個別ページにCGがなかった(線画だけだった)キャラはもちろん、既に掲載されていたキャラにも新たに追加されています。
CGだけではなくゲーム中の画面もあるのがいいですねー。
初公開っぽいものもさりげなくちらほら含まれています。

そしてキャスト情報
ついに来ましたね!!
今回公開されたのは体験版でボイスのあった以下の6人。


◆神戸小鳥 ― 斎藤千和
◆鳳ちはや ― 篠宮沙弥
◆千里朱音 ― 喜多村英梨
◆中津静流 ― すずきけいこ
◆此花ルチア ― 朝樹りさ
◆吉野晴彦 ― 柳田淳一



メジャーな方からマイナー(?)な方までいらっしゃいますね。
予想されていた方、どうだったでしょうか?
ちなみに私は斎藤さんとすずきさんくらいしか確信が持てませんでした←

すずきけいこさんは確実にKey作品の常連となっていますね!
planetarian』、『智代アフター CS Edition』、『リトルバスターズ!』、そして『Rewrite』。
アニメでゲスト出演されていた『CLANNAD』を含めると実に5作に及びます。
しかもその中で演じたキャラクター(名前あり)の数は6人
演じ分けも素晴らしいですし、すずきさんは本当に好きですね~。
『Rewrite』でも期待です!



今まで準備中だったこのページにも、ようやくコンテンツができました。
ここでは作中に登場する場所(背景)が紹介されています。
現在は計8ヵ所ですが、今後増えるのでしょうか……?
作中では分からなかった地名や説明もあるので、一度目を通してみてもいいかもしれません。



バナーもちゃっかり新しくなっています。
今回ようやく公式ページにて紹介されたキャラたちのバナーが追加され、これまでに公開されていたバナーも発売日の告知入りのものに変更されました。
サイトやブログ等に使用されている方は、ぜひ新しいものを使ってみてはいかがでしょうか。



スタッフのページもさりげなく更新。
音楽のところに井内舞子さん・細井聡司さん・水月陵さんのお名前が加えられています。
発表自体は既に雑誌等でされていましたが、こちらもようやく公式ページに掲載といったところ。

……あれ、これって本当に今回更新した部分なんだろうk(ry



その他、

●右下の製品情報の発売日が「2011年4月28日(木)」となっている
静流の眼帯の紐が修正されている

などの細かい変更点もあります。


発売まであと半年。
これからは『Rewrite』のターン! ……となってくれるのでしょうか?
今後の展開に注目ですね。


[ 2010/10/30 17:32 ] Key - Rewrite | コメント(2) | TB(0) | ▲TOP

ガルデモラストライブ12/27開催決定!!

今年4月~6月にかけて放映されたオリジナルアニメーション『Angel Beats!』の劇中ガールズバンドとして登場したGirls Dead Monster(通称;ガルデモ)。
ボーカルを務めた岩沢(ボーカル:marina)とユイ(ボーカル:LiSA)の歌は、予想を遥かに超えた反響を呼びました。
そんなガルデモの活躍も、残念ながら年内で終了してしまいます。
残すはラストシングル2枚のみ!


……と思われていましたが!


ガルデモラストライブの開催が決定しました!


Girls Dead Monster Last Live - Final Operation -

開催日時
2010年12月27日(月)

開場:18:00
開演:19:00



開催場所
東京国際フォーラム ホールA



出演
Girls Dead Monster starring marina
Girls Dead Monster starring LiSA



料金
全席指定 \6,300 (税込)



チケット販売日
一般販売:11/20(土)AM10:00
先行抽選:11/5(金)昼12:00 ~ 11/11(木)夜23:59

※詳細は公式サイトでご確認下さい


ぶっちゃけ開催自体は先の飲んだ世界戦線でゆまさんがしゃべっていましたけどね!(ぁ
しかしこれは予想以上に大きい会場で来ましたね……!
東京だけ、というのがなんとも残念ではありますが(汗
スタンディングではないので、これまでのようなトラブルも起きない……でしょう、たぶん。

ガルデモの活動の、そして『Angel Beats!』で盛り上がった2010年の締めくくりになるような素晴らしいライブになることを祈るばかりです!


[ 2010/10/30 15:45 ] Key - Angel Beats! | コメント(0) | TB(0) | ▲TOP

『Rewrite』の発売日が決定!&号外配布!

Rewrite

現在開発中のKey最新作『Rewrite』。
完全新作ということで期待をする声や、今までのKeyとはガラリと異なる作品となるのではないかと危惧する声、まさに賛否両論ありますね。
2010年6月25日に発売された『クドわふたー』には初回限定版特典として『Rewrite -Trial Edition-』(体験版)が封入されましたが、こちらは割と評判がいいようです。
というか私はかなり楽しめました!


しかしこの『Rewrite』、たまーに出てくる(ぇ)情報によると開発はそれなりに順調に進んでいるようなのですが、気になる発売日についてはなかなか出てきませんでした
馬場社長もこの件に関しては慎重な姿勢を見せていましたねー(こちらとか)。
そんなわけで、「今年中に出るかもしれない」「今年はさすがにきついだろう。早くても来年になる」「来年の春くらい?」「秋が舞台だから秋かも……」などと様々な推測がファンの間で飛び交うことに。
※意見はイメージです。実際のものとは異なる場合がございます。


ところが最近になり、月末に重大発表があるということを馬場社長がTwitter上にてほのめかし始めます。
その後G'sやらスタッフ日誌やらで『Rewrite』の発表が月末にあることを示唆するような情報が続出(このブログでも何度か書いたので詳細は割愛します
さらには28日に秋葉原と日本橋(大阪)でKeyからのお知らせがある(号外が配布される)という情報までが出てきました。
「こりゃあついに発売日の発表が来るか!?」
そう思わない人はいないんじゃないかというくらいの勢いでしたね。
来るべき月末に向けて盛り上がり始めます。


そして今日!


ついにその発売予定日が発表されました!


秋葉原と日本橋(大阪)にて配布されたvisualstyle号外
そこに掲載されていた気になる『Rewrite』の発売予定日は………………


2011年4月28日


です!!


いよっしゃきたあああぁぁああぁぁあぁぁぁ!!


4月28日というと、『CLANNADの発売日と同じ日付になりますね。
(『CLANNAD』初回限定版は2004年4月28日発売)
そして今日(発表)からちょうど半年後
狙ってか狙わずか、結構意味深な日付になりました。
これまでのKey作品からの変容へと進みながらも、色々なところで過去作を意識しているようなものを見受けられるとは、なかなか面白いですね。
この発売予定日に間に合うことを願うばかりです。


さて、次の情報は電撃G's magazine 12月号ですね!


電撃 G's magazine (ジーズ マガジン) 2010年 12月号 [雑誌]電撃 G's magazine (ジーズ マガジン) 2010年 12月号 [雑誌]

アスキー・メディアワークス 2010-10-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools





[ 2010/10/28 22:25 ] Key - Rewrite | コメント(4) | TB(0) | ▲TOP

10/28(木)に秋葉原&日本橋でKey関係の号外配布?

号外!


10月26日(火)未明、ビジュアルアーツ馬場社長がこんなツイート(Twitterでの投稿)をされました。


鍵っ子の皆さんに業務連絡。28日には秋葉日本橋(大阪)にぜひお越しを。Keyからのお知らせがございます。


時間は朝からってことで。たぶん終日だいじょうぶだと思います。

                                    (こちらこちらより)

以前から様々なところ(社長のツイートとかG'sとかスタッフ日誌とか)で月末に重大発表があるらしいことが言われていましたが、電撃G's magazine 12月号の発売に先立って、ついにKey(VA)が動き出すようです。
最新作である『Rewrite』に関する発表の可能性が高そうですが、さて発売日の発表になるのか、キャストの発表になるのか、はたまた別の新情報になるのか……という部分は全くの不明です。
“最強最大”と仰るからには発売日くらい発表して頂きたいところですねー。

しかし秋葉原や日本橋で一体どんなお知らせをするというのでしょうか。
うーむ、謎です。


そんな疑問が渦巻く中、同日の昼前にvisualstyle編集長がされたツイートがこちら。


しゃちょーがつぶやいている件なのです。Keyよりお知らせなのですヨ。明後日なのです。 #visualstyle http://bit.ly/b1mZ3k

                         (こちらより。URL表記は筆者が短縮)

ご、号外だってー!?


なるほど、号外の配布でしたか……!
(画像が見られないという方、冒頭に貼ったのがリンク先の画像です)
号外のイラストがっぽいこと、そして先の『クドわふたー』でも号外を配布したことを考えると、やはり『Rewrite』関係の発表の線が濃厚なようです。
……まあ、ここまで引っ張っておいて『Rewrite』とは関係のない重大発表だった(があった)ら、その方が面白いんですけど(何

果たして真相は何なのか。
当日の情報待ちですね!(ネット的な意味で


クドわふカーがついに納車!

Keyの新作『クドわふたー』を宣伝するために折戸さんの車を改造して作られたクドわふカー
4/3に開催されたV.I.P Vol.8 クドわふたースペシャルで初お披露目され、その後数カ月かけて全国各地(のショップ)を周りました。
全ての役目を終えると、V.I.Pでの予告通りにオークションに出品
無事落札はされたものの、それからの動向がなかなか表に出て来ず、「まあ落札者のプライバシーもあるからなぁ……。落札自体に問題があった、とかじゃなければいいけど」などと思っていました。

と、そんな時!

ついに納車についての話題が出てきました!
長い沈黙期間でしたよ……!
もう長すぎて、正直クドわふカー自体を忘れかk(ry

当初予告されていた折戸さんに加え、先生やせなかさんも一緒の豪華メンバーで納車に向かうことになった模様。
道中の様子を何度かツイート(Twitterでの投稿)されていたので、見ている側も楽しむことが(たぶん)できました。

現地では落札者の方(他の方も?)に大歓迎され、さらにはクドのケーキまでもらったようです。
いやー、いい方に落札されたようで良かったですね!
やっぱり不安でしたので……。
これで一安心です。

※クド(ケーキ)はその後スタッフが美味しくいただきました。


こうして予想以上に長きに渡ったクドわふカーの物語は、一応のハッピーエンドを迎えたのでした。
新しいオーナーの方の下でも愛されて欲しいです!



ツイートまとめ:
クドわふカー引渡し (10/25追加あり)
  (Togetter



せなかさんによる報告:
今から納車へ伺います!

腹ごしらえ

今から宮島に

旅館にて
  (せなかさん日報 in VA


関連記事:
V.I.Pクドわふスペシャル -イベント編-

「クドわふカー」ついにオークションに!

KSL Live World 2010に行ってきたお! -物販編-


クドわふたー 初回限定版クドわふたー 初回限定版

KEY 2010-06-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2010/10/22 21:48 ] Key - クドわふたー | コメント(4) | TB(0) | ▲TOP

『Angel Beats!』と「過程」の描写

世間では批判の声も大きかった『Angel Beats!』。
ぶっちゃけますと、まあ私も諸手を挙げて評価できるような内容ではなかったと思います。
もちろん、いいと思うところもありましたが、批判されてもしかたない部分もあった、と。

そんなAB!の弱点(欠点)として、ひとつ考えついたものがあります。
過程」の描写、これが不足していたのではないかと。

以下、思いついたことを思いつくままに書いていこうと思います。
ぶっちゃけ妄言なので(何)、暇つぶしに読んでやってもいいという方は続きからご覧ください。


※他のKey作品(『Kanon』『AIR』など)のネタバレが飛び交っています。ご注意下さい




[ 2010/10/18 21:37 ] Key - Angel Beats! | コメント(7) | TB(0) | ▲TOP

『みつどもえ』が面白すぎる件

みつどもえ

最近アニメが放送された『みつどもえ』。
BS11では『Angel Beats!』の後の放送だったので、そこで知った鍵ファンも多いかもしれません。
というか、私はそこで知りました。


これはひd……面白いですね!


あまりの面白さに「俺……このアニメが終わったら単行本全巻買うんだ……」とか思ってしまい、実行したほどです。
こんなに面白い作品、久々に出会えましたよ……!


この作品、要はギャグマンガです。
かわいくて個性的な三つ子たちや6年3組のみんな、時には大人までもが暴走を繰り返す……というと語弊しかない気もしますが(何

じゃあ一体私はこの作品の何が好きなのかというと…………なんでしょうね!
そのあたりについて、以下原作を中心にぽつぽつと書いていこうと思います。
読もうか観ようか迷っている方は(なるか分からない)参考にして、古参のファンの方はスルーしてください(マテ




「Angel Beats!鑑賞会」超簡易まとめ

10月8日(金)22:00USTREAMでさりげなく配信開始されたAngel Beats!鑑賞会
各自持ち寄った(著作権的な意味で)『Angel Beats!第1話の映像を観つつ、パネラー3人が感想なり考察なりを話し、それをUSTREAMラジオとして配信したもの……と言えばいいのでしょうかね、よく分かりませんけど(ぇー

特に録音されることもなく、流されるように終了したこのラジオ。

ですが!

非常にもったい無く思い、そして何となくまとめなければいけないような気がしたため(ぇ)、非常に簡単にですがまとめておくことにしました。
あくまでも私が覚えている範囲なので抜け落ちが多いですが、ご興味があればどうぞ。




[ 2010/10/10 22:49 ] Key - Angel Beats! | コメント(0) | TB(0) | ▲TOP

『sola』 ――鍵っ子にもおすすめの久弥作品

EMOTION the Best sola DVD-BOXEMOTION the Best sola DVD-BOX

バンダイビジュアル 2010-06-25
売り上げランキング : 6131
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 第1話無料視聴こちら

久弥直樹さんが原案を担当したことで鍵ファンにも(恐らく)知られているアニメ『sola』。
キャラクターデザインが七尾奈留さんという部分でも有名……かもしれません。

……実際のところ、知名度はどのくらいなんでしょうね、この作品(ぇー

ぶっちゃけますと、私も全話見たのはつい最近です。
『sola』見れどれどれ、といった感じで(何
しかし、もしマイナーだとしたら勿体無いなぁ……と思わせるような作品だったと思います。
久弥さんを知らない方にも、ぜひとも見ていただきたい作品ですね~。

以下、私の超個人的な感想を書こうと思います。
ネタバレは控えめですので、もし見ようかどうか迷っている人がいれば、参考にしてください(参考になるかは分かりませんが←




プロフィール

つのがわ

Author:つのがわ
自称鍵っ子&だーまえ信者。

基本的にはKeyに関するネタをメインに扱ってます。
唐突に全く関係ない記事を書き始めることもあったり。
思いつくままに書き綴っていく、文字通り“自由帳”のようなブログです。
実は最近ネタ切れ気味d…げふんげふん


不定期更新で運営してます。

コメント&リンク大歓迎!!
お気軽にどうぞ。

アクセスカウンター
携帯電話用QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。