スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)| TB(-) | ▲TOP

今日は観鈴ちんの誕生日ですね!

7月23日といえば何の日でしょうか?

……などと勿体ぶる必要なんて全くありませんね。


なぜなら記事のタイトルに書いてあるんですから(ぁ


というわけで、今日は、

観鈴ちん

神尾観鈴(『AIR』)の誕生日です!


Keyはこれまで多くの名作を世に送り出して来ましたが、やっぱりKey作品の中で一番好きなのは『AIR』ですね~。
『AIR』の持つあの独特な雰囲気といいますか、あれがたまらなく好きなのです。
詳しくはネタバレになるので語れませんが、クライマックスに向けてのシナリオはいつやっても泣けますね!
京都アニメーション版も素晴らしかったですねぇ……。


そんなKeyを代表するヒロインの一人である観鈴の誕生日を祝して、本日の深夜0時頃馬場社長発案によるお祝いイベントTwitter上で行われました。
クドの誕生日の時にも同様のイベントが行われましたが、今回はあの時のような事前告知がなかったため、やや勢いに欠ける面もありました。
……もちろん、さすがの観鈴ちんだけあって、気がつけばかなりの盛り上がりになっていましたが。
みんなから愛されていますね~。


そのイベントの直前、馬場社長がこんなツイート(投稿)を。


しかし「AIR」なんてもう誰も知らないのじゃないのかね? 最近KSLでもなんとなく国家の反応薄い気がするし。ホントはもっとプレイしてほしいんだけどね。若い人にも。。。10年は遠くなりにけり。

                                        (こちらより)


気がつけば『AIR』の発売からそろそろ10年経ちますし、いわゆる“古い作品”の部類に入ってもおかしくない時期に来ています。
……というか、すでにそうなのかもしれません(汗
(国歌…もとい「鳥の詩」についても、そろそろ新鮮味が失われてきたということだと思います)
さすがに「誰も知らない」なんてことはないと思いますけど、『リトルバスターズ!』などの新しい作品から入ってきた人へどの程度浸透しているかは、確かに分からないところがありますね……。


かく言う私も京アニ版『CLANNAD』から入ったにわか者ですが(ぁ


まあ、そんな私でも『AIR』にハマることが出来ているんですから、“古い作品”という先入観や抵抗さえなくすことが出来れば、この作品の良さを新しい世代にも伝えていくことが充分出来ると思います。
ですので、「実は未プレイなんだよね」という方がいれば、


ぜひ一度『AIR』をプレイしてみてください!


アニメを見た方でも、さらに深く作品の世界を楽しむことができますよ!←結局宣伝かい


参考記事:
ハッピーバースデイ観鈴!
  (Visual Art's情報局さん)
  観鈴ちん誕生日イベントのまとめです。


関連記事:
好きなKey作品は?
  当然『AIR』です(キリリッ

PC版『AIR』フルボイス化の可能性……!?
  昔書いた妄想です(またか



AIR メモリアルエディション 全年齢対象版AIR メモリアルエディション 全年齢対象版

KEY 2010-05-28
売り上げランキング : 159
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト


[ 2010/07/23 23:30 ] Key - AIR | コメント(3) | TB(0) | ▲TOP

PC版『AIR』フルボイス化の可能性……!?

AIR メモリアルエディション 全年齢対象版AIR メモリアルエディション 全年齢対象版

KEY 2010-05-28
売り上げランキング : 381

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ゲームブランドKeyの第2作目『AIR』。
今年で発売10周年を迎えますが、依然として高い人気を保っています。
5月28日にはメモリアルエディション全年齢版Key 10th Memorial BOX仕様+Windows7対応)も発売されましたね。
しかしこのイラストはいつ見ても素晴らしいです………!!


そんなメモリアルエディション全年齢版が発売された次の日のこと。
馬場社長Twitterにてこんなツイートをされました。


たしかに「AIR」を今のままにしておくのはもったいない。折戸の発言もあるし、ユーザーのご要望もある。機会を見てフルボイス化しよう。

 (こちらより。文字修飾は筆者)


『AIR』がフルボイス化する……だと………!?


……と言っても、フルボイス化自体はコンシューマ版ですでにされていますので、ここではPC版で、という意味でしょう。


あの時のことを思い出しますねぇ……。
そう…、あれは去年の9月のことでした……。

VisualArt'sの総合情報サイト最速VisualAntena!にさりげなく置かれているbbs
ここで『Kanon』や『AIR』のPCフルボイス版を望む声が上がりました。
結果、社長から「費用と需要の問題」という希望の見えるお答えを頂けることに。


いやっほーい!


……と、歓喜していたのですが、上記のメモリアルエディションも結局ボイスなしでの発売となり、フルボイス化は絶望視されることに(個人的見解)


そんなある日、Twitter上で戸越さんと折戸さんが『AIR』の音楽について語り始めます。
(正確には 10周年ということで戸越さんがAIR音楽関連のツイート→折戸さんが懐かしんで反応→ちょっとした談義に という感じ)
戸越さんが「かなり録音しなおしたい」とおっしゃったり、折戸さんは「AIR10周年的な何かを作るのはいいですね」と提案されたり……。


これは……もしや何か来るのでは……!?


そう思った2日後、上記の社長の発言があったわけです。


実際のところ、需要の方はどうなんでしょうか。
これは以前も考えたことではありますが、やはりそこまで多くの需要を見込めるかは疑問に感じてしまうんですよね。
『AIR』自体はもう何本も出てるわけですし、フルボイス化だけなら(繰り返しになりますが)コンシューマー版がありますし……。

うーむ、ここはもうこれしかありませんね……!


『AIR』リメイク版


■イラストは完全新規描き下ろし
■Key作品屈指のクオリティーを誇る音楽もリマスター化
■さらに、ミニゲーム「裏庭のヌシ釣り」をパワーアップ版で収録!

※この作品は筆者の妄想です


Angel Beats!』や『クドわふたー』、さらには『Rewrite』と盛り上がっている今、新たにKeyのファンになる人々は増加していきそうです。
すると中には「昔の作品もやってみたいなぁ」と思う人が当然出て来ると思うわけですよ。
しかし古い作品というのはどうしても思い留まってしまいがち。
これでは折角ファンになってくれた新規層に、さらにKey作品について知ってもらうことができません。

そんな時にリメイク版が出れば!

きっと「古いから…」と言って抵抗を持っていた人たちもすんなりと受け入れることができ、さらには昔からのファンの人たちにも懐かしさと新鮮さの入り混じる不思議な魅力を感じてもらうことができるのではないでしょうか!?
まさに理想的です!!


………まぁ、現実的な話、普通に反発が起きるでしょうし、そもそもそんな余裕がKeyにあるのかということになるわけですが(ぁ

10年目の夏、『AIR』はどんな未来を迎えるのか――。
今後の動向に注目ですね!



関連記事:
Kanon・AIRのPCフルボイスSE版の可能性 9/10追記
Visual Art's情報局さん)
 …昨年9月に起きたフルボイス版騒動についてまとめられています

『Kanon』『AIR』PCフルボイス版交渉が盛り上がっているようですが
(過去記事)


[ 2010/06/02 21:57 ] Key - AIR | コメント(6) | TB(0) | ▲TOP
プロフィール

つのがわ

Author:つのがわ
自称鍵っ子&だーまえ信者。

基本的にはKeyに関するネタをメインに扱ってます。
唐突に全く関係ない記事を書き始めることもあったり。
思いつくままに書き綴っていく、文字通り“自由帳”のようなブログです。
実は最近ネタ切れ気味d…げふんげふん


不定期更新で運営してます。

コメント&リンク大歓迎!!
お気軽にどうぞ。

アクセスカウンター
携帯電話用QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。